プラザサービス

青山・表参道で30年の実績と信頼。

株式会社プラザサービス

03-3407-2354

表参道駅B3出口より徒歩20秒

営業時間:10:00~19:00(日・祝休み)

青山・表参道で30年の実績と信頼。

2018年07月24日 「平成30年7月豪雨」災害ボランティア遠征 その2

岡山県倉敷市災害ボランティアセンターにて

 

今回は、水害がひどかった倉敷市真備町へ。

 

品川発6:00の新幹線のぞみで行くと、

新倉敷駅へ9:22分に到着。

 

 

駅からボランティアセンターまで

送迎バスで送ってもらう。

 

中国職業能力開発大学校の体育館が、

ボラセンに、、、

 

倉敷市災害ボランティアセンターのホームページ

 

すでに大勢のボランティアで溢れかえっていた。

 

 

熱中症対策や活動の注意点を聞いて、

それぞれの活動場所へバスで向かう。

 

 

【4日目の活動】

「真備町箭田(やた)サテライト」

このエリアは、小田川の決壊で2階まで

浸水したエリア。

 

災害時の写真だとこのあたり、、、

 

作業は、室内の家財の撤去と泥出し。

5名×3チームの総勢15名で活動。

 

3時過ぎには何とか一階部分は歩けるように。

 

 

作業終了後は、岡山駅まで戻りホテルでシャワーを浴びた後、

爆睡(笑)。

 

 

【5日目の活動】

「真備町川辺サテライト」

ここは、まび記念病院のあるエリア。

 

 

ニュースで救助の状況が流れていた病院の

この写真の右下の区画の個人宅で活動。

 

このお宅も2階まで浸水。

浸水した木造住宅の作業の流れは、、、

 

1、家財の搬出

2、床や畳や壁の石膏ボードを撤去

3、床下の泥の撤去(できれば高圧洗浄)

4、乾燥と消毒

浸水初期の災害ボラ活動は、こんな感じ。

 

 

 

現地で作業するとよくわかるけど、

泥の臭いが、、、

 

この泥の撤去が一番きつい作業だけど、

家主さんからは、一番喜んでもらえるので

やりがいがある。

 

こちらのお宅のYさんは、老夫婦で避難所生活。

一日も早く普通の生活に戻ってほしい。。。

 

 

この日の最高気温は・・・気温37度。

作業の後は、

 

 

新倉敷駅に近い「満天の湯」で汗を流す。

 

そして新幹線でビールを飲み、即爆睡(笑)

 

8時半過ぎには帰宅しました。

Scroll Up