プラザサービス

青山・表参道で30年の実績と信頼。

株式会社プラザサービス

03-3407-2354

表参道駅B3出口より徒歩20秒

営業時間:10:00~19:00(日・祝休み)

青山・表参道で30年の実績と信頼。

2018年01月12日 「陸王」の影響で注目が集まるシューズ選び

テレビドラマ陸王は泣けたね。。。

 

ランナーにとってのシューズは、一番重要な道具。

各メーカーも凌ぎを削ってる。

 

東京マラソンのスポンサーの「アシックス」は、

ここ数年は、NO1だったが、、、

 

今年の箱根駅伝では、「ナイキ」の選手が多かったらしい。

 

===以下、文春オンラインの記事より

 

 

【2018年箱根駅伝のシューズ内訳】

・ナイキ 58人
・アシックス 54人
・ミズノ 37人
・アディダス 35人
・NB(ニューバランス) 23人

ちなみに昨年2017年のシューズ内訳はこうでした(箱根駅伝録画映像から)。

【2017年箱根駅伝のシューズ内訳】

・アシックス 67人
・ミズノ 54人
・アディダス 49人
・ナイキ 36人
・ニューバランス 4人 ===

 

 

ナイキが最近開発した「ヴェイパーフライ 4%」は、画期的!

「クッション」と「軽さ」の両方を兼ね備えている。

箱根駅伝往路を優勝した東洋大学の選手は、全員このシューズ。

福岡国際マラソンで、日本人トップのイケメン大迫選手もそう。

 

ナイキが熱いね・・・と言うことで、、、

 

 

私も、長年のミズノは履きつつ、

ナイキに浮気してみた。

 

ちょっと古い型なので、

定価13,000円が、5,850円でゲット♪

 

先日のひとり箱根駅伝で履いて走ってみたが、

軽いわりにクッションもしっかりしていて、

足裏も痛めなかった。

 

シューズ選びも、マラソンの楽しみの一つです。

 

 

 

 

 

 

 

Scroll Up