プラザサービス

青山・表参道で30年の実績と信頼。

株式会社プラザサービス

03-3407-2354

表参道駅B3出口より徒歩20秒

営業時間:10:00~19:00(日・祝休み)

青山・表参道で30年の実績と信頼。

2018年10月09日 完走率66.7%・・・過酷な大会でした。

気温30度・・・10月なのに、、、

 

10月7日 8:00 自宅を出発

 

 

 

まずは、着替えの場所取りから始まる。

 

男子更衣室に使わせてもらっている五日市小中学校の

体育館へスタート3時間30分前に到着。

 

一人分の着替えと仮眠スペースを確保して準備。

スタートの2時間前ごろには、足の踏み場もない混雑。

 

ゼッケンを張ったり、テーピングをしたり、

仮眠をとって、スタート待ち。

 

 

13:00 小学校の校庭スタート

 

目標14時間の後方に並ぶも、ほぼ最後尾。

 

気温は30度で、日差しも強い。。。

 

「前半は熱中症にだけは気を付けよう」とスタート。

 

しかし、この日の暑さは甘くない。

過剰な水分補給のため、吐き気が止まらない。

いつもは明るいうちに通過する醍醐丸ポイントで

すでにライトを装着。

第一関門の浅間峠に18:57到着

例年より1時間以上もかかる。

 

係員の人が、

「熱中症の人はここでリタイヤしてください。

この先は、リタイヤするにも大変です」

この誘導にはビックリ!

あらためてこの日の過酷な条件を実感。

さらに、ペースを落として完走狙いへ。

 

 

最高地点の三頭山では、恒例のドリンクタイム ♪

例年「コーラ」「モンスター」「レット・ブル」などの、

普段は絶対飲まない高カロリーのドリンクをここでチャージ。

今年選んだのは国産の、

「デカビタWスーパーチャージ」

名前も凄いけど、カロリーも外国産に負けていない。

 

気合を入れて最高峰も制覇。

 

第二関門の月夜見駐車場に、翌0:12到着

 

この時間には小雪も舞ってきた。

1日でこの寒暖の差は、なかなか経験できない(笑)

 

 

ここでは、水分1.5リットルの補給ができる

 

そして、休憩タイム。

 

 

休憩スペースは、野戦病院。

 

レスキューシートに包まって、寝ている人も、、、

座るスペースもないので、

トイレ・ライトの電池交換・栄養補給して、

後半戦へスタート。

 

相変らず、胃は最悪の状況。

少しスピードを出すと、吐きそうに、、、

 

「楽しい」「気持ちい」と心の中で繰り返し、

ゴールの後のビールを思い描きながら、

最終関門を通過して、最後の上り坂を登ると日の出山。

 

 

昨年は、ボランティアスタッフとしてこの場所を担当してた。

その時「あとは下るだけ」って、声をかけていたけど、

今年は、その言葉に励ましてもらった。

 

そして、なんとか、

 

ゴール。

タイムは、18時間56分

 

自己ベストよりも5時間近く遅かったけど、

良いこともある。

ゴール前の記念撮影。

真っ暗な中でのゴールより気持ちが良い (^^♪

 

6回目の完走。

 

 

 

私は不調だったけど、他の参加者も厳しかったようで、、、

 

順位も、前回は16時間28分で 806位なのに、

今年は18時間56分で 803位

 

過去の完走率の推移では、

 

今年の完走率・・・66.7%。

私が参加してからでは、一番悪い。。。

 

ランナーもだけど、、、

そのリタイヤ選手を深夜にゴールまで搬送してた

大会スタッフは、どれだけ大変だったか、、、

786人のリタイヤ者を、小型車しか通れない

けわしい林道を何往復した事か、、、

 

ボランティアの皆さん、

ほんとうに、感謝! 感謝!です。

 

 

今年60歳の還暦記念に、

春の「萩往還140km」と

秋の「ハセツネCUP」の

ダブル走破を目指し、

夢かなって東西のビックレースを完走できた。

 

胃の対策とか、上り坂とか、

いろいろ課題は見つかったので、

しっかりトレーニングして、来年も走りたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

Scroll Up