プラザサービス

青山・表参道で30年の実績と信頼。

株式会社プラザサービス

03-3407-2354

表参道駅B3出口より徒歩20秒

営業時間:10:00~19:00(日・祝休み)

青山・表参道で30年の実績と信頼。

2017年02月13日 府中駅伝競走大会・・・2チームで参加

 

2月11日は毎年恒例の「府中駅伝競走大会」。

 

1人5kmを走り、5人が1チームでタスキを繋ぐ。

 

気温は8度前後で快晴の絶好のコンディション。

 

チームAの第1走者は菅谷選手。

 

スタートから飛び出し、昨年の記録より25秒も速めて、

20分17秒でつなぐ。

 

チームBの第1走者は白石選手。

 

 

前半は抑えながら後半に勝負をかけ、20分01秒。

2年前の19分09秒にくらべ、本人は不本意。。。

 

チームAの第2走者は新田大貴選手。

 

昨年より体重を7キロ落として素晴らしい走り。

19分53秒は10人中の最速タイム。

 

チームBの第2走者は中村選手。

 

チームAと16秒差あったが、前半に大貴選手に追いつかれる。

しかし、そこから魂の走りで抜き返し、先にゴール。

タイムは自己最高の20分00秒。

この二人の勝負は見ごたえがあった。

 

チームAの第3走者は対馬選手。

 

50代後半とは思えないダイナミックな走り。

後半の向かい風にペースを落とされながらの23分39秒はすばらしい。

 

チームBの第3走者は重岡選手。

 

前の日に大酒を飲んだようで、調子は今一。

20分48秒は昨年より1分近く遅かった(笑)。

 

チームA、第4走者新田文香選手→第5走者浜渦選手。

当初第4走者は村上君が走る予定だったけど、

インフルエンザで断念。

急きょ「走らない?」って言われ、「走る~♪」

と、相変わらずノリがいい文香。

そして、まさかの好タイム。

27分49秒でゴールを駆け抜けるも、、、???

アクシデント、、、

「いない、、、」

「第5走者がいない!」

大会の係りの人が「136番」と何度も呼び出してるのに、

出てこない。。。

 

チームAの第5走者・・・そう私です、、、

言い訳をさせてもらうと、、、

3人の子育てに追われロクに走っていないので、

「きっと30分はかかるな」と勝手に思い込み、

スタート付近にいたのに呼び出しに気づかなかった。

娘から父へのタスキと感動的なシーンのはずが、、、

 

30秒位たって気が付き、

「ごめん」

「もう~何やってんのよ」と言われながらタスキを

受け取ってスタートも、出遅れがたたり、

23分30秒・・・過去最悪タイム。。。

 

 

チームBの第4走者は荒牧選手。

 

 

昨年に比べて、体が締まってきた。

 

マイペースで走り抜け、25分12秒でタスキを繋ぐ。

 

チームBの第5走者は、初参加の山本君。

 

 

彼は、現役の大学院生。

しかも、中高と部活は陸上で、長距離を走っていた。

やはり、ホームは違うね。

タイムも20分29秒と初参加としては素晴らしい。

 

【結果】

 

チームA 1時間55分08秒

チームB 1時間46分30秒(プラスポ会過去最速)

 

チーム戦は、平均年齢が高いのと女性が居たので

10分のハンデをもらっていたチームAの勝利。

 

今年も楽しい思い出が増えました。

 

Scroll Up