プラザサービス

青山・表参道で30年の実績と信頼。

株式会社プラザサービス

03-3407-2354

表参道駅B3出口より徒歩20秒

営業時間:10:00~19:00(土・日・祝休み)

青山・表参道で30年の実績と信頼。

2012年04月20日 マラソンの心拍数

マラソンの大会の時には、いつも心拍計を装着して走る。

胸に専用ベルトで装着すると、腕時計に一分間の脈拍回数が送信さて、それがラップタイムとともに記憶される。

自己新記録を大幅に更新した「かすみがうらマラソン」の心拍数を検証してみた。

≪5キロのラップ≫
0~5キロ・・・25分19秒 →160回
5~10キロ・・23分22秒 →168回
10~15キロ・・23分16秒 →167回
15~20キロ・・24分18秒 →168回
20~25キロ・・24分03秒 →169回
25~30キロ・・24分13秒 →172回
30~35キロ・・25分14秒 →170回
35~40キロ・・24分51秒 →171回
40~42.195・・10分31秒 →175回
                  (※心拍数の平均169回)

過去1年のフルマラソンの平均脈拍回数は、、、
●2011年東京マラソン→182回→後半大失速
●2011年湘南マラソン→173回→後半やや失速
●2012年勝田マラソン→172回→後半やや失速

後半に大きくタイムが落ちたレースほど、平均心拍数が高い。

マラソンのタイムは、気温・風・体調・体重などによって影響されることが大きいけど、それを走りながらチェックするには、心拍数も重要なバロメーターになるようだね。

私の場合は、20キロまでを170回以下、20~30キロを173以下で走れば、30キロからのペースダウンが少ないことが分かった。

失敗した大会と成功した大会のデーターを比較すると、今後の参考になりますね。


Scroll Up