プラザサービス

青山・表参道で30年の実績と信頼。

株式会社プラザサービス

03-3407-2354

表参道駅B3出口より徒歩20秒

営業時間:10:00~19:00(土・日・祝休み)

青山・表参道で30年の実績と信頼。

2016年02月12日 府中駅伝競走大会・・・3チームで大激戦

11日の祝日は、恒例の「府中駅伝」

1人5kmを5人1チームでタスキを繋ぐ。

我が、プラスポ会からは3チーム 総勢15名。

好天の中、276チームが10:30分に一斉にスタートした。

〈チームA〉
・・・菅谷→浜渦→中村→江川→新田

〈チームB〉
・・・黒沼明美→対馬→村上→手塚→黒沼浩治

〈チーム北九州〉
・・・白石→松藤→荒牧→大下→重岡

チームBは平均年齢が50歳越えで、女性もいることから、マイナス20分のハンデを付けて争った。

第一走者では、チーム北九州白石君が飛びだし、菅谷君が続く。
初参加で紅一点のチームB明美さんは、ランニングを初めて間もないのに、29分台で帰ってきた。

第2走者は、先頭のチーム北九州の松藤君をチームAの私が折返し後に追い越すも、その後息がもたずになかなか離せない。

チームBの対馬さんも自己ベストで粘る。

第3走者は、チームAの中村君がチーム北九州の荒牧君を引き離す。
チームBの村上君も自己ベストの快走。

第4走者、チームAの江川君を3分差でチーム北九州の大下君が追う。。。スゴイ追い上げで、7秒差でアンカーへ繋ぐ。
チームBの手塚君も自己ベストでヒタヒタ追いかける。

第5走者、凄いデットヒート。
30m前に走るチームAの新田君をチーム北九州のエース重岡君がジリジリと差を詰める展開。

勝負は折り返してすぐ、、、

「一気に抜けば相手は追って来れない」
と、重岡君がスパート。
「あのスピードには付いていけない。メンタルで負けました」と新田君。
「4回も5回も後ろを振り返りました」と重岡君。

右手を突き上げてゴール。

そして、チームBの黒沼浩治さんも余裕のダッシュでゴール。

3チームでの勝負では、初マラソンなのに30分を切って走った明美さん(写真2)が頑張ったチームBが、ハンディをいかして24秒差で優勝。

続いてアンカー勝負で粘る新田くん(写真3)を振り切った重岡君(写真4)ひきいるチーム北九州。

26秒差でチームAと続いた。

個人賞は、19分32秒の白石君(写真5)

ボクシングの試合の時よりも、気合が入った顔で追い込んでいた。

来週、ボクシングの試合をひかえている彼は、今年もまた終わった後に中野の家まで20km以上あるのに走って帰った。
すごい体力。。。

そして終わった後は、恒例の反省会、、、
チーム北九州は、酒の量ではぶっちぎりの優勝でした。

Scroll Up