プラザサービス

青山・表参道で30年の実績と信頼。

株式会社プラザサービス

03-3407-2354

表参道駅B3出口より徒歩20秒

営業時間:10:00~19:00(土・日・祝休み)

青山・表参道で30年の実績と信頼。

2021年03月11日 東日本大震災10年

「津波てんでんこ」の教訓を伝えて行かないと、、、

 

私は小学6年生から中学卒業までの4年間、

岩手県釜石市で過ごした。

 

釜石は、三陸海岸のど真ん中に位置し、

山が海までせまっているリアス式海岸。

私の通った中学校は海に突き出た高台にあり、

授業中、ボーっと海を見るのが好きだった。

 

震災の救助活動がやっと一段落した5月に、

災害ボランティアで行かせてもらった。

 

その時の写真

建物や町並みは写真を控えていたので

差し障りのない写真だけ撮った。

これは、岸壁に打ち上げられた大型船。

 

 

波で滅茶滅茶になった車の墓場。

 

 

がれきの中、片づけを手伝う地元の小学生

とボランティア(私の長男)。

 

 

こんな災害の中、釜石市の小中学生で登校

していた生徒の生存率は、、、

なんと100%!

 

これが「釜石の奇跡」と言われてる。

 

三陸では過去に何度も大津波の被害があり、

その経験から、「津波てんでんこ」の方言を

かかげてる。

「てんでんこ」は、「各自」「めいめい」を

意味する「てんでん」に、東北地方などで

見られる「こ」が付いた言葉。

すなわち、「津波てんでんこ」をそのまま

共通語に置き換えると「津波はめいめい」になる。

 

震災後の研究での「津波てんでんこ」は、

  • ●自助原則の強調(「自分の命は自分で守る」)津波から助かるため、人のことは構わずに、てんでんばらばらに素早く逃げる。
  • ●他者避難の促進(「我がためのみにあらず」)素早く逃げる人々が周囲に目撃されることで、逃げない人々に避難を促す。
  • ●相互信頼の事前醸成  大切な他者と事前に「津波の時はてんでんこをしよう」と約束し、信頼しあう関係を深める。
  • ●生存者の自責感の低減(亡くなった人からのメッセージ)大切な他者とてんでんこを約束しておけば、「約束しておいたから仕方がない」と罪悪感が減る。

 

教訓にさせていただきます。

Scroll Up